富山県PTA会員大会

第5回富山県PTA会員大会

MAIN MENU
LINK
Facebook

会員大会Facebook

 | RSS |
 第4回富山県PTA会員大会お礼−第3分科会−
投稿者 : 教育環境問題委員会   掲載日: 2016年12月04日

第3分科会では、「ネット時代の性教育」をテーマとして、パネルディスカッションを行いました。パネリストとして、吉本裕子氏(吉本レディースクリニック院長)、窪野ひとみ氏(富山県警察本部生活安全部少年課)、黒田卓氏(富山大学大学院教職実践研究課教授)をお招きし、黒田哲司副委員長がコーディネーターを務めました。

最初に各パネリストの先生方から自己紹介を含めて、性の問題・ネットの問題との関わりをスライドを用いてわかりやすくお話いただきました。

会場の皆さんに「親子で性の問題を話題にしたことがある家庭があるか」と質問したところ、挙手した方は、おられませんでした。ネットの利用については、ルールを設けている家庭は、約2割程でした。


吉本氏からは、ネットを通じて子供たちがどんな情報・画像・映像に触れているかをすべて監視することまでは出来ないけれども、ネット上の情報は必ずしも正しい情報ばかりではないことを話しているとのお話をいただきました。


窪野氏からは、例えば子供の裸の写真がインターネット上にあがってしまった場合はあわてて消さず、まず、警察に相談してほしいとのことでした。これは、インターネット上にあがってしまったものは、あわてて消しても何処かには、コピーが残ってしまっているので、むしろ、証拠としてどういう状態になっているかが検証出来る状態で警察に相談したほうがいいということ、そして、警察は、24時間体制で相談を受けられる窓口であるとのお話をいただきました。


黒田氏からネットとの付き合いにおいて自らが引き金を引かないようすべてを子供任せにしないことが大事とのお話をいただきました。


もう少し性の問題に的を絞ってもよかったとの意見も聞かれましたが、親・教員、私たち大人にとって非常に関心の高い内容であったと思います。

お忙しい中、当分科会にご参加いただいた会員の皆様には感謝申し上げますとともに、子供を取り巻く今の環境を知っていただき、子供たちとのコミュニケーションを図る一つのきっかけとしていただけましたら、幸いです。

どうもありがとうございました。

教育環境問題委員会 
委員長  古川 尊久 


 Copyright © 富山県PTA連合会 All Rights Reserved