日P全国研究大会 富山大会

日P全国研究大会 富山大会

MAIN MENU
LINK
Facebook

会員大会Facebook

 | RSS |
 考えてみてください
投稿者 : 教育環境問題委員会   掲載日: 2015年10月01日

年間テーマ


家族のコミュニケーション・絆



考えてみてください


 人は、人とコミュニケーションをとることにより沢山の事を学び、自分を成長させます。
我が家の子供たち、上から長女20歳、長男16歳、次女13歳、次男10歳。 

 ある日、こんなことがありました。家族そろっての夕飯時、末の子供が持っていたお椀を落とし、具と汁をこぼしてしまいました。

 次女「なにやっとんが・・・」
 母「ありゃまあ だいじょうぶ? 熱くなかった?」
 次男「だいじょうぶ ゴメンナサイ」
 父「これから気を付けんとダメやぞ」
  こぼれたものを片づける母。
  その会話を聞いていた長男が、
 長男「お父さん 怒らなくなったね。オレたちがこぼしたら、めちゃ怒ったんに」
 長女「そうやよ、下の子(妹・弟)にあまいわ・・・」

 え? ・・・そう言われれば、姉兄が小さいころ、こぼしたら『何やっとる! よそ見しとるからやろ!』と怒り、時には頭をバチン!末の子ほどカワイイといいますが、4人とも平等に愛を籠めて育てているつもりです。でも、怒られた上の子供たちには申し訳無かったですが、上ふたりのときは新米パパママであり、慣れない子育てと余裕のなさで、失敗を怒ること=躾のように思っていたのかもしれません。 
 しかし、上ふたりとのコミュニケーションが新米パパママをお父さん、お母さんに育てくれたのは確かです。そんな試行錯誤(?)で育った上ふたりは、下ふたりの面倒をよく見てくれます。
 子供たちがみんなで遊んでいる部屋からは、たまに悲鳴が聞こえることもありますが、笑い声が聞こえる方が多いので、あえて注意も口出しもしません。兄弟姉妹で人との付き合い方、関わり方を学んでいると思うからです。
 家族・家庭内でのコミュニケーションから親も子もいろいろなことを学びます。そんな大事な場所、みなさん大事にしていますか?


 高橋 英文  

     


 Copyright © 富山県PTA連合会 All Rights Reserved