日P全国研究大会 富山大会

日P全国研究大会 富山大会

MAIN MENU
LINK
Facebook

会員大会Facebook

 | RSS |
 県P研修委員会って何しているのですか?」にお答えします
投稿者 : 研修委員会   掲載日: 2015年07月15日

年間テーマ
学びを楽しむ


こんにちは、中島英樹と申します。私のPTA活動歴は長女が小学校1年生のときから関わらせていただき12年目となります。12年前は市P連や県P連の活動は予想もできませんでした。そのときのことを振り返って、今からPTA活動をスタートされる方々に役立つレポートができたら良いと思います。

いかなる団体の県連でも同様のことと思いますが、富山県PTA連合会の場合も主たる役割は情報の収集と伝達です。県P連は2つの特別委員会と4つの専門委員会の計6委員会で構成しておりますが、その専門委員会のうちの一つが研修委員会です。
 したがって県P研修委員会は、県内の研修に関わる情報の収集と伝達を行うのが主たる役割ということになります。具体的には、県内の小中学校単位PTA、地区PTAの活動事例を報告する場を提供することが、私たち委員会の主な仕事ということになります。
 今年の発表は、以下のとおりです。

◆10月9日(金)13:30〜サイエンスヒルズこまつ 
発表:●富山市立水橋中学校PTA
   (平成27年度日本PTA東海北陸ブロック研究大会
   石川県小松大会 分科会発表PTA)

◆11月28日(土)10:30〜富山県民会館
発表:●富山市立五福小学校PTA
   ●南砺市立福野中学校育友会
   (第3回富山県PTA会員大会分科会「研究指定PTA発表」)

次年度の発表PTAのための準備も以下のように始まっています。

平成27年度・28年度研究指定PTA
○魚津市松倉小学校育友会 ○高岡市立戸出中学校PTA
平成28年度日本PTA東海北陸ブロック研究大会名古屋大会 分科会発表PTA
○入善町立桃李小学校PTA

経験から思うようになったことがあります。PTA活動の主役は、単位PTAにあり学年や学級の活動が最も大事です。子供たちの教育環境に密着しているというか、そのものだからです。これがいきいきと成されているのが富山県のPTAの良いところです。

地区PTAや小中学校単位PTA、学年・学級のPTA活動がもっともっと輝くとすれば、それは委員長さんやPTA会長さんのリーダーシップや考え方が素晴らしいからだと思います。

そんな単P、学年、学級のために県Pは少しお手伝いしているくらいの存在です。

以後、県P研修委員会をお見知りおきくださいますようお願いいたします。


研修委員会        
担当副会長 中島 英樹  


 Copyright © 富山県PTA連合会 All Rights Reserved