日P全国研究大会 富山大会

日P全国研究大会 富山大会

MAIN MENU
LINK
Facebook

会員大会Facebook

 | RSS |
 「Tさん、ありがとうございました。」
投稿者 : 研修委員会   掲載日: 2015年03月18日

年間テーマ
Be Happy Together
〜しあわせの実感〜

研修委員会 副委員長の中島です。

末の子は、小学校6年生で、ミニバスケットボールチームに所属しています。


2月14日(土)、15日(日)新潟県北蒲原郡聖籠町(せいろうまち)で開催された大会に参加してきました。キャプテンとして最後の遠征です。遠征バスの運転を買って出てくださったのは、自動車学校の先生をしておられるTさん。とっても忙しい時期にもかかわらず、「どうしても聖籠町に行きたい」というミニバスケットボールチームのYコーチの熱意を酌んで休みをとってご協力いただきました。


出発は前日13日(金)午後10時。気温はマイナス3度まで下がり夕方の帰宅ラッシュ時はいたるところ大渋滞で、スリップしたたくさんの車がトラブルに巻き込まれていました。

「道路が凍結して大変な状態だけど、本当に遠征に行くのか」と、心配したTさんから電話がありました。

「検討します」と私。でもその直後にYコーチから「この度の遠征では、いろいろお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします」と電話が入りました。

何の決断も下すことができなかった私。あっという間に午後9時半の集合時間となりました。

「高速道路の方が、かえって安全だと思うけど、通行止めになるのが怖いね。なんとかのろのろ運転で行ってみるわ」とTさん。かくして、子どもたちと母親6人を乗せ、Tさんの運転する遠征バスは午後10時過ぎに出発しました。


同乗した家内によれば、Tさんは、海からの猛烈な横風が吹き荒れる北陸道を時速50キロでバスを進ませて1時間に1度は休憩を入れ、安全や子供たちの車酔いなどに万全の配慮をした運転で、翌朝7時には大会会場に到着させてくれたそうです。

お陰様で末の子は、ミニバスケットボールチームで最後の遠征にチームのみんなと臨み、最高の思い出をつくることができました。うれしかったに違いありません。


Tさん、本当にありがとうございました。子供たちのためにこんなに体を張って力を貸して下さる人が、どれだけ世の中におられることでしょう。とても感謝しています。

私もTさんのような、かっこいいおじさんになるのが目標です。

Be Happy Together

中島 英樹   


 Copyright © 富山県PTA連合会 All Rights Reserved