日P全国研究大会 富山大会

日P全国研究大会 富山大会

MAIN MENU
LINK
Facebook

会員大会Facebook

 | RSS |
 家庭教育について考える(5)やってみよう、「親学び」。親を学び伝える学習プログラム
投稿者 : 家庭教育委員会   掲載日: 2014年11月13日

年間テーマ : 家庭教育について考える

私たち家庭教育委員会は、富山県教育委員会、親学びリーダーなど関係諸機関と連携して「親を学び伝える学習プログラム(親学び)」の普及を担当しています。

「親学び」では、子育てに関するよくあるエピソードを用いて、子育ての悩みや不安、楽しさなどを語り合いながら、参加者が互いにコミュニケーションを図り、相互理解を深めます。

互いに表情を見ながら語り合うことが楽しいのはもちろん、語り合いを通して、互いの考えに共感したり、悩みを共有したりすることで、「なんだ、みんな、同じね」と安心する方もいれば、「しゃべると楽しい」「すっきりした」「話を聞いてもらえてうれしい」と、元気になる方、笑顔になる方もいます。

「親学び」を実際に経験した方から、「やる前とやった後では表情が変わる」「元気・やる気・前向きになる」「とても楽しかった」「これからの子育ての役に立ちそう」などの感想をいただいています。

まだ「親学び」を実施したことのないPTAのみなさま、学級懇談会や就学時健診、入学説明会、家庭教育講座などで実施してみてはいかがですか。

詳しくお知りになりたい方は、以下のページをご覧ください。不明な点はお気軽に県PTA連合会にお問い合わせください。

 

○富山県PTA連合会

「やってみよう、「親学び」。親を学び伝える学習プログラム」

(県P連トップページ(http://www.toyamaken-pta.gr.jp/)からご覧いただけます。)

※富山県教育委員会のページもご覧ください。子育てに関する情報が満載です。

○富山県教育委員会生涯学習文化財室子育て情報バンク「子育てネッ!とやま」

http://www.pref.toyama.jp/sections/3009/hp/index.html


 Copyright © 富山県PTA連合会 All Rights Reserved